高島屋 クリスマスプレゼント

高島屋のクリスマスプレゼント2017♪

高島屋 クリスマス

今年のクリスマスプレゼントは高島屋で選びませんか?

 

恋人同士の贈り物、家族への贈り物、友だちへの贈り物・・・・。

 

高島屋にはそれぞれの贈る相手に対応したクリスマスプレゼントにピッタリなアイテムがせいぞろいしています。

 

>>>高島屋クリスマスプレゼント 公式サイト<<<

クリスマスの由来

クリスマス

クリスマスとは、イエス・キリストの降誕を祝うキリスト教の祭日で、12月25日がこれにあたります。

 

クリスマスが日本に伝わったのは1549年。フランシスコ・ザビエルが日本に上陸した年に最初のクリスマスが祝われたと考えられています。そして、日本で最初の「クリスマス・ミサ」が行われたのは1552年の山口県周防において。宣教師たちが日本人信徒を招いてミサを行ったようです。記録では、訓話や合唱、食事の振舞いなどが催され、教会に入れないほどの信者で賑わったとされています。

 

クリスマスの風習が広まったのは、明治以降のこと。それまでは、教会や在日外国人たちによってクリスマスのお祝いが催されていたのですが、1875年頃に日本人の手によってお祝いがされるようになったと伝えられています。

 

日本でクリスマスが受け入れられたのは、1900年の明治屋の銀座進出の後のこと。そのころからクリスマス商戦が始まったことが、クリスマスの普及の大きな契機であったようです。

 

大正時代になると、児童向け雑誌や少女雑誌の十二月号に、表紙をはじめとしてクリスマスにまつわる話や挿絵がたくさん導入されるようになり、一般家庭でもクリスマスを祝うようになってきました。

 

昭和初期の頃、銀座、渋谷道玄坂から浅草にいたるまでの多くのカフェーや喫茶店においては、クリスマス料理の献立を用意し、店員はクリスマスの仮装をして客を迎えたとのこと。

 

現代の日本では、クリスマスは年中行事として定着。商業施設では早いところは11月上旬〜中旬からクリスマスツリーが飾られ、クリスマスセールなどが行われます。店内にはクリスマスソングが流れ、洋菓子店ではクリスマスケーキを販売。街中では街路樹に豆電球が飾り付けられ、庭のある一部の家庭でも、庭木や壁などに電飾を施しています。

 

日本のクリスマス、すっかり宗教的行事からは遠のいてしまっていますが、今年のクリスマスは、その意義などを考えながら、厳かな気持ちで過ごしてみるのもいいかもしれませんね。

 

>>>高島屋クリスマスプレゼント 公式サイト<<<

高島屋のクリスマスプレゼント2017♪関連ページ

高島屋 お中元
お中元なら2017年もやっぱり高島屋♪高島屋のバラの包装紙はもらって喜ばれる信頼のギフトです。
高島屋 お歳暮
2017年のお歳暮はやっぱり信頼の高島屋♪高島屋のバラの包装紙はもらって喜ばれる信頼のギフトです。
高島屋 バレンタイン
高島屋バレンタインのご紹介♪2018年のバレンタインプレゼントに迷ったら高島屋がおすすめです。
高島屋 ホワイトデー
高島屋ホワイトデーのお返しプレゼントのご紹介♪2018年のホワイトデーのお返しに迷ったら高島屋がおすすめです。
高島屋 母の日
高島屋母の日プレゼントのご紹介♪2018年の母の日プレゼント、迷ったら高島屋がおすすめです。
高島屋 父の日
高島屋父の日プレゼントのご紹介♪2018年の父の日プレゼント、迷ったら高島屋がおすすめです。
高島屋 敬老の日
高島屋敬老の日プレゼントのご紹介♪2018年の敬老の日プレゼント、迷ったら高島屋がおすすめです。
高島屋 クリスマスケーキ
高島屋クリスマスケーキのご紹介♪2017年のクリスマスケーキ、迷ったら高島屋がおすすめです。
高島屋 おせち料理
高島屋おせち料理のご紹介♪2018年のおせち料理、迷ったら高島屋がおすすめです。